玉城絵美が可愛い! 年齢や彼氏はいるの?経歴・プロフィールは?

玉城絵美 可愛い 年齢 ニュース
スポンサーリンク

早稲田大学で准教授、H2Lというベンチャー企業の創業者などさまざまな方面で活躍されている玉城絵美さん。

とても可愛らしい容姿をされているため、研究内容だけでなく年齢や結婚などの実生活に興味を持たれている方も多いようです。

そこで、玉城絵美さんの経歴やプロフィールなどの他にも年齢や結婚・彼氏の情報、研究者を目指された理由などについても探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

玉城絵美が可愛い!彼氏や結婚はしているの?

アメリカのタイム誌で世界の発明50に選ばれた研究をしている玉城絵美さん。

研究者というと男性のイメージがまだまだ強いですが、玉城絵美さんの可愛らしい容姿に

この人は一体だれ?

と気になった方も多いでしょう!

そこで気になってくるのが玉城絵美さんに彼氏はいるのか?それとも結婚されているのか?ということ。

いろいろと調べてみましたが、残念ながら彼氏や結婚に関する情報は出てきませんでした…。

研究者と言えども一般の方なので、もしかしたら彼氏や結婚に関する情報を公開していないだけなのかもしれません。

これだけ可愛くて才女な玉城絵美さん。

すでに結婚されていてもおかしくないでしょう。

玉城絵美の年齢は?経歴やプロフィールがすごい

とてもお若く見える玉城絵美さんですが、1984年生まれなので36歳ということになります。

かなりお若く見えます!

名前     玉城絵美(たまきえみ)
生年月日   1984年
出身地    沖縄県
職業     研究者、准教授、創業者、博士
出身大学   琉球大学
学問     ヒューマンインターフェース、ロボット
“玉城”という苗字からなんとなく推測はつきましたが、やはり沖縄県の出身なようです。
また地元である琉球大学の工学部情報工学科に進学されています。
なんと2010年にはアメリカにあるディズニーリサーチ社インターンをされていたこともあるのだとか。
学生の頃から日本だけではなく、世界で活躍されることを視野に入れていらっしゃたのでしょう。
またその後は東京大学大学院総合文化研究科に進学され、現在は早稲田大学の准教授として活躍されています。

研究者を目指した理由は入院生活の不自由さから?

研究者としても活躍している玉城絵美さん。

そんな玉城さんが研究者を目指されたきっかけは意外な出来事だったことが分かりました。

2001年から2002年当時、高校生だった玉城絵美さんは心臓病が悪化したため入院生活を送っていました。

当時を振り返って、部屋から外に出られないことが辛かったと語られています。

そんな入院生活がきっかけとなり、部屋の中にいても外にいるかのような体験のできる機械を作れたらいいな…と思うようになったのだとか。

こういったことがきっかけで研究者になろうと決心されたのだそうです。

入院生活と聞くととても大変そうですが、苦しい経験を糧に活躍されているのは本当にすごいです。

H2Lというベンチャー企業を立ち上げ

東大の博士課程に進み、ポゼストハンドという研究に打ち込んでいった玉城絵美さん。

ポゼストハンドとは簡単に言うと、腕に巻きつけられたバンドが電気の刺激によって筋肉を動かし、手などの動きを束ねるシステムのことを言います。

ボゼストハンドを使うことによって、コンピューターの合図で人の手を自在に動かすことができるようになるのです。

とっても夢のある研究ですよね。

玉城絵美さんはポゼストハンドの研究で一躍有名になりました。

またH2Lというベンチャー企業を、東大大学院で同じ研究室に所属していた岩崎健一郎さんと2012年に立ち上げています。

これからどんな新しいテクノロジーを生み出していってくれるのか、今からとても楽しみです!

玉城絵美の“他人と体をシェアする”とはどんな研究?

ポゼストハンドで有名になった玉城絵美さんが“他人と体をシェアする”という研究でまた話題担っています。

一体、他人と体をシェアするとはどういう研究なのでしょうか…?

インタビュー記事を拝見してみると、ボディーシェアリングとは

ボディーシェアリングとは、ひと言で言うと「時間と身体、空間の制約がなくなる」ということです。

引用:東洋経済ONLINE

であるということが分かりました。

つまり、場所や時間の制限をなくす研究をされているということ。

玉城絵美さんの研究が世の中に浸透すれば、一気に世の中の流れが変わっていきそうです!

まとめ

可愛いと話題の研究者・玉城絵美さんについて探ってきました。

アメリカのディズニーリサーチ社でインターンに参加されていたり、東大の院に進学されていたりと華麗な経歴をお持ちだということが分かりました。

外出できないことに辛さを感じていた入院生活を乗り越え、研究に生かされているようです。

玉城絵美さんの研究が世の中に浸透すれば、もっともっと生きやすい世の中になるような気がしています!

今からどんな未来になっていくのかとても楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました