笹生優花のスポンサーは刀専門店!?父の影響で日本刀ファンに!

笹生優花 スポンサー 刀 エンタメ
スポンサーリンク

日本国内に留まらず、海外でも活躍を重ねてきた女子ゴルフの笹生優花選手。

そんな笹生優花選手のユニフォームであるキャップには「刀」という文字がデザインされていて、話題になっています!

果たして「刀」の意味とは…?

笹生優花選手のスポンサーや意外な趣味についても紹介していきます。

スポンサーリンク

笹生優花が大王製紙エリエールレディースオープンで3位に!

オリンピックでの活躍も期待されている女子ゴルフの笹生優花選手。

大王製紙エリエールレディースオープンでは、9アンダー3位という成績を残しました。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

幼い頃から宮里藍選手やタイガーウッズに憧れ、お父さんのゴルフ練習に一緒についていったことがきっかけで、ゴルフの腕前が上達したのだとか。

今後のますますの活躍が楽しみな選手です!

笹生優花のキャップに刀という文字が!スポンサーはどこ?

パワフルなプレイを魅せつけてくれた笹生優花選手。

ゴルフの腕前はもちろんですが、かぶっていたキャップに書かれていた「刀」という文字に注目が集まっています。

「刀」という文字がキャップにデザインされているとはなかなか斬新です!

なぜ笹生優花選手のキャップに刀という文字がデザインされていたのか調べてみると、スポンサーとの契約が関係していることが明らかになりました!

笹生優花のスポンサーは銀座長州屋

笹生優花選手のスポンサーは、銀座長州屋という日本刀の専門店です。

2020年の3月から、スポンサーとして契約されていたようなのです。

銀座長州屋というと、銀座の一等地に店を構える老舗中の老舗

なんと1986年から日本刀の通信販売誌「銀座情報」を発行し続けています。

日本刀専門店が笹生優花のスポンサーになった背景には父の影響が?

でも日本刀専門店がゴルフ選手のスポンサーになるなんて、珍しい気がする…

そんな気もしますよね。

実は銀座長州屋が笹生優花選手のスポンサーについた背景には、笹生優花選手のお父さんの影響があったようです。

笹生優花選手のお父さんである正和さんが時代劇ファンであることをきっかけに、日本刀に目覚めたのだとか。

そのようにして、日本刀専門店である銀座長州屋に訪れるようになった関係でスポンサー契約が成立したのでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ginza Choshuya(@ginzachoshuya)がシェアした投稿

また笹生優花選手自身、抜刀などに興味があったのだとか。

なんと12歳のときには模造刀を使って一生懸命練習していたといいます。

もともと日本刀に興味があった笹生優花選手。

大好きな日本刀を意味する「刀」という文字がキャップにデザインされているなんて、きっと嬉しくてたまらないのではないでしょうか。

ロックペイント株式会社も笹生優花のスポンサー

日本刀専門店の銀座長州屋以外にも、ロックペイント株式会社もスポンサーとなっています。

大手の会社なので、名前を聞いたことがあるという読者の方も多いでしょう。

ロックペイント株式会社とは、大阪と東京の本社を構える会社で、塗料や接着剤の製造や販売を行なっています。

笹生優花のプロフィールやゴルフ歴

最後に笹生優花選手ののプロフィールやゴルフ歴などについて紹介していきます。

氏名     笹生優花(さそう ゆうか)
生年月日   2001年6月20日(19歳)
出身     フィリピン
国籍     日本、フィリピン
言語     日本語、フィリピン語、英語、韓国語、タイ語
所属                ICTSI
身長     166cm
体重               63kg
得意クラブ      ドライバー

笹生優花選手は日本人のお父さんと、フィリピン人のお母さんの間に生まれています。

出身はフィリピンで6歳の頃に日本に移住してきましたが、小学校3年生のときにフィリピンに戻っています。

そんな笹生優花選手はフィリピン国内の試合だけでなく、タイや日本の試合でも活躍

日本語やフィリピン語をはじめ、タイ語や韓国語まで自由自在に操る才女でもあります。

きっと国際的な感覚に優れているのでしょう。

ますますオリンピックでの活躍に期待がかかります!

まとめ

女子ゴルフの笹生優花選手のスポンサーが、銀座長州屋という日本刀専門店であったため、キャップに「刀」という文字がデザインされていることが明らかになりました!

また5つの言語を自在に操るなど、国際的に活躍されることを期待できる選手でもあります。

当ブログではこれからも笹生優花選手の活躍を応援していきます。

タイトルとURLをコピーしました